NEWS 2016

W.K.O. World Championshipで日野雅仁指導員が準優勝!!

 
2016.2.14、タイ王国・パタヤ(MAXムエタイスタジアム)で開催された “W.K.O. World Championship”に伊藤道場所属・日野雅仁指導員が日本代表として出場。
見事、銀メダルに輝きました。
 

 

パタヤに本部を置くWKOが世界大会を開催。各国から有力選手を集めて行われた。

参加国は、スリランカ、南アフリカ、サウジアラビア、ベルギー、モロッコ、イラン、韓国、オーストラリア、パキスタン、ブラジル、スイス、日本の12カ国
75kg未満の軽中量級と75kg以上の無差別級の2階級。
ゲストとして、元K-1ファイターのピーターアーツの他、「帝王」ロブカーマン、青い目の侍ニコラスペタス師範などが訪れた。
軽中量級は、ベスト4に本誌特集でも登場した小野寺天汰、東北の空手界を代表する日野雅仁、すでにワールドカップ出場を決めている阿部典秀、そして前回の本大会で優勝している児平匠が勝ち上がった。
準決勝で小野寺が児平を、日野が阿部をそれぞれ下して決勝に進む。
小野寺は得意の上段蹴りを存分に駆使し、それまでの試合でも一本勝ちに近い圧倒的な強さで快進撃を見せていたが、決勝でも日野雅仁を相手に圧勝し、初の世界タイトル獲得に成功した。

(フルコンマガジン vol.2より抜粋)
  2016.2.19
伊藤道場事務局