入会のご案内 2

お子様の入会を考えている保護者の方へ

少年少女・指導理念

3歳からの武道教育

白蓮会館伊藤道場では、子供たちに空手道の修行を通して想像力、忍耐力、判断力、達成感、礼儀、優しさ、敬いや慈しみの心などを伝え、健康な強い体と心を養い豊かな人間性と社会性をもった人間に育てます。
 

白蓮会館伊藤道場に入会すると

  1. 礼儀正しく体力向上、元気で明るい子供に育ちます。
  2. いじめない、いじめられない、3才から始める武道教育を学びます。
  3. 大きな声で挨拶や返事が出来るようになります。
  4. 空手道の呼吸法で体内から強化され、健康的になります。
  5. 集中力・忍耐力がアップします。
  6. あきらめない心・思いやりの心を学びます。
  7. 自分に厳しく他人に優しい、強い心と丈夫な体を養います。

少年少女・指導方針

るく元気に、みんな仲良く

楽しく元気にカラテを練習し、みんなで汗を流すスポーツの面白さを知り、団体行動の大切さや必要性など規律や道徳を学び、道場の仲間全員が「励まし合い・助け合い・競い合い」「一緒に努力し」「一緒に喜び合う」、思いやりのある温かい関係を、指導員や先輩たちが中心となって築き上げます。
 

競礼儀正しく体力向上、社会性を育てます。

ルールを守る、大きな声で挨拶ができ、人の話をきちんと聞けるなど。年齢に応じた目標を設け、けじめを持って人に接する社会性を育てます。また、経験豊富な指導員が、子供ひとりひとりの性格や技量に合わせた確かなコーチングにより、段階的なステップを踏んで正しい技術をしっかり身につけます。

昇段昇級について

1. 子どもの場合(3才〜中学生)

白蓮会館(国際空手拳法連盟)では、“段”に至るまでのレベルが年少部の場合6級に分かれており、順次昇級していき1級の次が初段になります。
また、帯も色分けされており入門すると白帯(無級)から始まります。そして、6級は 白黄帯 、5級は 黄帯 、4級は 青黄帯 、3級は 青帯 、2級は 緑帯 、1級は 茶帯 と昇級するにつれて変わっていき初段から 黒帯 になります。黒帯には段位によって金線が入ります。
 

2. 審査会の実施

昇段審査を年に2回(6月・12月)、昇級審査会は年に4回(3月・6月・9月・12月)行います。
審査は、指導員から推薦され願書を渡された拳士のみ受験することができます。
 

3. 他流派から移籍する場合(経験者の方)

原則として現在締めている帯を有効とします。
但し階級制度が極端に違う道場に所属していた方の場合は、帯を白蓮会館の基準に直します。
入会時にご相談下さい

 

会費など諸料金について

 入会金   子供から大人まで一律 10.800(空手道衣付き)
 月会費   子供 3.240 ~ 5.400
 大人 4.320 ~ 5.400
 ※ 道場によって金額が異なりますのでご確認下さい。
 スポーツ保険   子供 800 ・ 大人 1.850
 ※ 中学生までの入会者は初年度分の保険料を入会時に収めていただきます。
 ※ 次年度からは道場が年少部の保険料をお支払いします。 (一般部は実費負担)
 空手道衣   0 号  size 115cm  4.860 (生成) 
 1 号  size 125cm  4.860 (生成) 
 2 号  size 135cm  4.860 (生成) 
 3 号  size 145cm  5.400 (生成) 
 4 号  size 155cm  5.400 (生成) 
 5 号  size 165cm  5.940 (生成) 
 6 号  size 175cm  5.940 (生成) 
 7 号  size 185cm  6.480 (生成) 
 ※ 入会者全員に空手道衣をプレゼントしていますので購入の必要はありません。  
 プロテクター   子供 [手]  拳サポーター     1.080 (幼児・小学生) 
 子供 [足]  サポーターレッグ   2.160 (幼児・小学生)
 大人 [手]  パンチンググローブ   3.024 (中学生以上) 
 大人 [足]  サポーターレッグ    2.160 (中学生以上) 
 ※ プロテクターの購入は入会後1~2ヶ月を目安にして下さい。
 ※ 稽古状態を見て必要になった際に指導員よりご連絡致します。

会費など諸料金について

 入会金   子供から大人まで一律 10.800(空手道衣付き)
 月会費   子供 3.240 ~ 5.400
 大人 4.320 ~ 5.400
 ※ 道場によって金額が異なりますのでご確認下さい。
 スポーツ保険   子供 800 ・ 大人 1.850
 ※ 中学生までの入会者は初年度分の保険料を入会時に収めていただきます。
 ※ 次年度からは道場が年少部の保険料をお支払いします。 (一般部は実費負担)
 空手道衣   0 号  size 115cm  4.860 (生成) 
 1 号  size 125cm  4.860 (生成) 
 2 号  size 135cm  4.860 (生成) 
 3 号  size 145cm  5.400 (生成) 
 4 号  size 155cm  5.400 (生成) 
 5 号  size 165cm  5.940 (生成) 
 6 号  size 175cm  5.940 (生成) 
 7 号  size 185cm  6.480 (生成) 
 ※ 入会者全員に空手道衣をプレゼントしていますので購入の必要はありません。  
 プロテクター   子供 [手]  拳サポーター     1.080 (幼児・小学生) 
 子供 [足]  サポーターレッグ   2.160 (幼児・小学生)
 大人 [手]  パンチンググローブ   3.024 (中学生以上) 
 大人 [足]  サポーターレッグ    2.160 (中学生以上) 
 ※ プロテクターの購入は入会後1~2ヶ月を目安にして下さい。
 ※ 稽古状態を見て必要になった際に指導員よりご連絡致します。

入会・休会・退会について

1. 入会する場合

道場にて「入会誓約書」と「預金口座振替依頼書」をお渡し致しますので、記入捺印の上、諸経費を併せて下記6点をご持参下さい。
 

1. 入会誓約書

  • 道場で誓約書をお渡し致します。

2. 口座振替依頼書

  • 会費は口座振替になります。記入の際に預金通帳と銀行印が必要です。

3. 写真2枚 (縦4cm×横3cm)

  • 背景の無いものを2枚ご用意下さい。[スピード写真可・自宅プリンター不可]

4. 入会金

  • 本部登録料・会員証・科目表・初年度の年会費などが含まれています。

5. 月会費の2ヶ月分

  • 手続きの都合上、入会3ヶ月目から口座振替になります。

6. スポーツ保険料 (年掛捨て)

  • 初年度のみ実費をご負担いたたきます。
  • 次年度分からは道場が皆さんの保険料を支払います
  • ※一般部は希望者のみ加入。
 

2. 休会・退会する場合

1. 退会(休会)される場合は本人が直接道場で手続きをして下さい。
  • ※未成年者の場合は保護者
2. 電話、郵送、電子メールでの受付はできません。
3. 退会(休会)する前月末日までに退会届(休会届)を提出して下さい。
4. 退会(休会)は手続きされた翌月からの適用となります
  • 例えば、3月31日で退会(休会)する場合は、2月末日までに退会届を提出して下さい。
  • 3月1日以降に退会届を提出した場合は、3月27日に通常の会費が引き落とされますのでご了承下さい。
5. 三ヶ月間以上稽古を休む場合は、手続きを行うと月会費が免除になります。
6. 休会費は毎月1.620円です。

その他

保護者の協力について

白蓮会館伊藤道場は、スポーツ少年団やクラブ活動と違います。
父母会はありません。
また、保護者が指導員の補佐を行う等、稽古のお手伝いをお願いすることはありません。
普段お子様を道場に通わせるにあたり、送迎以外で保護者の負担が無いよう努めております。
すべての教室で稽古の見学は自由になっています。(幼年者は保護者の見学をお願いしています。)

道場訓

武道憲章

伊藤道場・年少部拳士の心得

武道(空手道)は、日本古来の武勇を尊ぶという精神を受けつぎ、長い歴史の中でつちかわれ、発展してきた伝統文化です。
武道(空手道)は、礼儀正しさを身につけ、技をみがき、心身をきたえ、りっぱな人になるための修行の方法です。
わたしたちは、技の稽古や試合の勝ち負けだけを目的にするのではなく、武道を正しく理解して、このすばらしい日本の伝統文化を大切にしなくてはなりません。
これからも武道(空手道)を愛し、修行を続けていくために、わたしたちが心がけなくてはならないことを「こども武道憲章」として掲げ、これをまもります。
 

第1条 目 的

武道(空手道)は、技をみがくことによって心身をきたえ、強くたくましく、勇気と思いやりと正義感をもった、社会に役立つ人になることをめざします。

第2条 稽 古

稽古をするときは、先生の教えや礼儀を守り、基本を大切にし、技だけではなく、心と体も鍛えるよう、一所懸命にはげみます。

第3条 試 合

試合では、ふだんの稽古の力を出しきってがんばり、勝ち負けや結果だけにこだわらず、節度ある真剣な態度でのぞみます。

第4条 道 場

道場は、技をみがき、心と体をきたえる場所として、規則や礼儀を守り、清潔と安全を心がけます。

第5条 仲 間

道場の仲間を大切にして、お互いに協力し、はげましあいながら、楽しく稽古し、さらに多くの仲間を作ります。

日本武道協議会 昭和62年9月16日制
 
| 1 | 2 |